こんなトラブルに要注意

一戸建ての場合は、自分の家に屋根があるわけですから、太陽光発電だって導入できるではありませんか。
施工業者選びも慎重に行ったし、もう大丈夫だっていう前にどんなトラブルがあるかを事前に調べておきましょう。
コンパクトなタイプのソーラーパネルもあるけれど、どんな屋根であっても設置できるのかどうかは調べておかないといけないと思います。
自分の家の屋根の形状がちょっと変わっている場合は、本当に設置できるのかどうかをよく確認しておかないといけません。
よく確認したうえで、取りつけられるということであれば大丈夫でしょう。
瓦の屋根の場合は、注意したほうがいいんじゃないかって思います。
ソーラーパネルって、瓦の屋根の場合は、どうやって設置するのかを知っていますか。
瓦をはがして設置するんです。
瓦は、ちょっとずつ重ねてあるものなので、結構、大変かもしれません。
ただ、問題は、瓦を外す、外さないということよりも、もっと大変なことがあるんです。
せっかくソーラーパネルを設置したのに、屋根から水が漏れてくるということがあるんだそうです。
すでに、一戸建てを買っていて、買う当時はソーラーパネルを設置することを考えていなかった場合は、水が漏れてきてしまうということも珍しくはないみたいなので、注意しましょう。
後から設置するとなると、どうしてもソーラーパネルの設置工事自体が難しくなってしまいます。
それで、屋根に設置した時に水が漏れる箇所ができてしまうということもあるんです。
設置するときに、屋根から雨漏りしたりしないようにするためにも、とにかく安い施工業者にするというよりも、アフターサービスまでしっかりしている施工業者に頼んだほうがいいのかもしれません。
万が一、本当に雨漏りしてしまった時だって、ちゃんと対処してもらえるはずです。
いい加減な施工業者がないわけでもありませんし、技術力が信頼できるかどうか、アフターサービスがしっかりしているかは大事です。